不動産投資で失敗しないための3つの要素

   2017/06/16

インベスターZの不動産投資対決の影響で不動産投資に興味を持った人もいると思います。

この対決で主人公「財前」が購入したのは、渋谷区のマンションの一室。
一方、敵役「藤田」は東京の下町、足立区の木型職人が働く長屋を購入します。

結果この対決、ルール違反をした「藤田」が勝利します。

京都情緒ある物件を購入した敵役が勝利したこの勝負を見て、
私が不動産投資で興味があるのが京都です。

理由は京都はこれからも人口が密集するとされていて、不動産を利用される可能性が高いからです。

しかしながら高い家賃収入を期待したいと思っている場合でも、いくつか注意したいポイントがあります。

この注意点をしっかりと守って、京都で多くの収入を得るために考えておきましょう。

入りやすいエリアを考えよう

空室不動産投資に使われるマンションは、あまり人が来てくれないところで選んでしまうと失敗します。

人が来ないのがわかっていると、空き部屋が多くなってしまい、家賃があまり入らないのです。

多くの人が生活している場所を選ぶことが大事で、京都でも人口が多くて生活している人が多いところを見つけてください。

京都市内などがいいところで、ここなら人が多くなり、賃貸でもいいから生活したいと思っている人が多くいます。

空室を作ってしまうと、それは家賃収入に大きな影響を及ぼしてしまいます。

1つなら別にいいですが、大量に作ってしまうと家賃収入が大幅に減ってしまい、管理費用などを支払っていくのがかなり大変です。

不動産投資でいいマンションを購入できたとしても、それを貸し出して収入に繋げていくためには、多くの人が見てくれる場所が必要不可欠となっています。

この場所をしっかりと作り出せるかどうか、これが不動産投資に必要な要素となっています。

紹介してくれる会社が大事に

宣伝次に大事になってくるのが、不動産投資を行ってくれる会社の中で、出来る限り宣伝をしっかりしてくれる会社です。

宣伝してくれる会社があれば、部屋が空いていることを紹介して、実際に見学してくれたり、入室してくれる人が出てくるかもしれません。

空室が多くなってしまい、家賃収入がもらえないことを防ぐために、宣伝効率を高めてくれる会社がおすすめです。

その地域に特化して宣伝効率が高い会社というのも存在しますので、例えば京都だと、こちらの「日本ホールディングス」(http://nihonholdings-seminar.com/)がおすすめです。

紹介してくれる会社によっては、かなり宣伝を多くしてくれる効果があり、非常に良い状況になる場合もあります。

京都でも多く宣伝されて、新しいマンションであることがわかったりすると、利用したい人が連絡を入れてくる可能性があります。

多くの連絡をもらって、問い合わせが増えてくるようになれば、自然と空室が減ってきます。

入室してくれる人が増えたことにより、不動産投資に成功するチャンスを貰っているのです。

会社が紹介してくれないことには、どれだけいいマンションを購入してもいい結果を出せません。

宣伝を行ってくれるいい会社をしっかり考えて選びたいですし、協力してくれる姿勢をしっかりと出してくれる会社を考えたほうがいいのは間違いありません。

ローンについても考えておこう

ローン多くの場合、不動産投資にはローンを活用してお金を増やします。

不動産投資には高額な費用が必要で、マンションの購入費用は大体ローンで賄っていくのです。

ローンを上手に活用することが、不動産投資には大事なことでしょう。

この情報は1人で考えてもうまくいかないことが多いので、知っている人から聞いておくことも大事です。

初心者の方にとっては、不動産投資で大きな金額を使うのは難しいので、あえて1部屋だけ購入して貸し出す方法もあります。

こちらはローンを使ってもあまり高い金額を払わなくていいので、リスクを大幅に軽減できる強みを持っています。

不動産投資では、出来る限り空室のリスクを減らしたいこと、そして家賃を増やせるかが重要で、ローンを活用しながら1部屋だけで挑戦する方法もあります。

京都でも多くのローンを提供してくれる銀行がありますし、マンションの購入に使えるローンも多くなっています。

不動産投資を考えている人は、しっかりとローンなどの契約も結んで、どれくらいの部屋を購入するか検討していくのが望ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket