ミナミの帝王から学ぶこと

 

道頓堀ミナミの帝王は金貸しと言われる金融会社の社長という名の男の物語です。
乱暴なところもありますが、実際には相手の事も考えてくれる人間ですので、ただの悪党の物語ということではなく、人間味あふれる人であると感じることができます。

映画にもなっているので、見たことのある人も沢山いると思われますが、この漫画の良いところは、普段の生活では知ることのできない知識を得ることができるという点です。

決して良いことばかりではないかもしれませんが、お金の怖さ、そして大事さを感じることもできますし、お金に困って借金をしたらどのようなデメリットを抱えることになるのかもわかる漫画となっています。

お金のことは大事なことは教えてくれても危険な面などは大抵は教えてくれませんから、この漫画を読むだけで怖さを汁と共に、金融についての様々な知識を学んで自分の知識へと変えることができます。

ミナミの帝王はこのように金融について教えてくれる教科書のような役割も果たしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!